年越しそば 通販

年越しそば ウィキペディアより

概要

日本全国に見られる日本の文化である。地域によって違いがある。

年越し蕎麦に関する伝承としては、年を越してから食べることは縁起がよくないとするもの[2]や、蕎麦を残すと新年は金運に恵まれず小遣い銭にも事欠くことになるといったものがある[2]。

日本における年越し蕎麦関連の各種調査では、「大晦日に家で年越し蕎麦を食べる」と回答をしている人が多数を占める[3]ことから、大晦日の蕎麦屋では持ち帰りのみで店内での提供を中止する所があり、家で夕食或いは深夜の夜食として食べる人が多い。

歴史と由来

元々、(特に商家において)江戸時代中期には月の末日に蕎麦を食べる「三十日蕎麦(みそかそば)」[4]という習慣があり、大晦日のみにその習慣が残ったものと考えられている[5]。年越し蕎麦は、江戸中期ごろに始まっている。その当時の江戸中期ごろから江戸患い(脚気)が流行り出し、「そばを食べている人は脚気にならない」と言われ、蕎麦が江戸で流行した[6]。

また、11月から12月は新そばの季節であり都合がよい。

記録としては、1756年(宝暦6年)の眉斧日録には「闇をこねるか大年の蕎麦」と記述されている。明治時代・大正時代の大阪うどんの老舗では、商家でも「年越し蕎麦は注文が殺到した」と記述されている[7]。1812年(文化9年)の旅行記[8]によると、東北や甲信越では正月に祝い蕎麦を打つところもあった。

年越しそばの由来については諸説ある。

蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願ったものであるとする説[9][10][5]
そばが細く長いことに由来する年越しそばの長寿延命の意味は、引越し蕎麦の「末永く宜しく」と意味を通じる[5]。
金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたとする説[9]
金銀細工師が金粉銀粉を集める為にそば粉の団子を使用したことから金を集める縁起物であるとする説[9][5]
鎌倉時代の謝国明による承天寺の「世直しそば」に由来するという説[9]
ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐ説
蕎麦が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来するとの説[5]
蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説[11]
家族の縁が長く続くようにとの意味であるとの説[10]

薬味のネギについては心和らげるという「労ぐ(ねぐ)」の意味であり[5]、また、神職の「祢宜」の言葉に掛けた語呂合わせであるともいわれる[5]。

各地の年越し蕎麦と例外

年越し蕎麦は、地方によって違いがある。


福島県の会津地方では、大晦日でなく元旦に蕎麦を食べる風習がある(蕎麦以外にも「二日にもち、三日とろろ」といった風習がある)。
新潟県では、大晦日でなく1月14日(小正月の前日)に蕎麦を食べる「十四日(じゅうよっか)そば」や1月1日(元旦)に蕎麦を食べる風習もある。
福井県では 濃い目のつゆを大根おろしでのばしてそばにかけ、ネギと鰹節をのせた「おろしそば」(越前そば)を食べることが多い。
沖縄県では、日本そばではなく沖縄そばを食べる人の割合が多い。以前は年越し蕎麦を食べる習慣はなかった。

そのほか、鮭や鰯などを食べる地域もある。


年越しそばの通販はこのページへ

結婚